サポート体制

  失敗しない家庭教師
   
 

トップページ

家庭教師選び方

サポート体制@

サポート体制A

料金体系

お問い合わせ

サポート体制@

教師に対する授業方法の指導及びサポートがしっかりしていなければ、わざわざ業者さんに頼む必要はありません。しかし、この「サポート」という部分は外からは分かりにくいものです。
家庭教師派遣会社各社は、インターネットやオフラインでの宣伝では「サポート体制が万全です」と何処も言っていますが、残念ながら「サポート」がしっかりしている所は多くはありません。又、一般のビジネスでは、大手であれば、「サポート」を期待出来るのですが、「家庭教師」の場合はそれが通用しません。

体験授業型はダメ

「体験授業をする=担当者が来ない=唯教師を紹介するだけの会社である」

最近問題点が多く指摘されているのが、「体験授業型」の家庭教師会社です。これは、インターネットや電話勧誘で顧客とコンタクトをとり、その後、体験授業の先生が自宅にやってきて、「気に入れば入会」というタイプです。掲示板への投稿を見ると最近このタイプの業者に関する消費者の非難がつきません。「学生がいきなり体験授業」というのは、つまり業者側に「担当者がいない」もしくは「サポートをしない」ことを意味しています。家庭教師業者としては、事務所にいて電話やインターネットだけで全てが完了するのですから、「最も楽して儲かる」方式です。それゆえに最近このタイプの業者が増えていますので、注意が必要です。

よく考えてみれば、このタイプの家庭教師業者には大きな矛盾があることに気づきます。まず、宣伝文句ではどこも「サポート万全」と謳っていますが、体験授業型の業者には、サポートを全く期待できません。まともな家庭教師会社の担当者は、実際に生徒に会って、指導方法を普段使っている教科書・問題集や模試の結果などを見ながら、問題点や課題を分析し、指導方針や方法を決めるはずです。ところが、「体験授業型」の家庭教師業者は、生徒と会わずに「電話」や「インターネット」で簡単に事情を聞くだけですから、サポートをしようにも出来ないのです。このような業者は、単なる「紹介屋」であって、実際の授業は先生任せであると考えてよいでしょう。

次に、先生の選抜ですが、「生徒と会わない」という事は、生徒の性格などは一切考慮せずに、リスト上だけで適当に先生を選んでいるわけです。「場所」と「学歴」、「指導科目」さえあえば、この手の業者にとって、先生は誰でもよいのです。生徒と会っていないわけですから、教師の「面接」は形式的なものにすぎません。

担当者が学生なら論外

では、担当者が家に来れば良いかというと、そういうわけではありません。中には、学生が面談にやってくる(スーツは着ていますが)という家庭教師業者もあります。アルバイトの学生に「その場限りの営業」をさせている所は論外です。

こういう所は求人誌や求人サイトで、「学習アドバイザー」「教育アドバイザー」という名目で「その場限りの営業スタッフ」を募集しています。「未経験歓迎、学生可、歩合制」などの文字が求人誌に並びます。経費節約の為に学生を営業に行かせているのです。

ちなみに、彼ら(「学習アドバイザー」「教育アドバイザー」)は、1人お客さんを入会させると数万円の歩合が入るそうで、学生にとっては楽なバイトです。教育観があり、受験に詳しい正社員が来る会社を選びましょう。

この手の家庭教師業者は「体験授業型」と全く変わりません。学生さんは歩合制のアルバイトです。歩合制ですし、責任がないので、「成績を必ず上げます」などの良い事ばかりを喋って、契約だけをとって帰っていきます。当然、それ以降その学生がサポートしてくれるわけではありません。単なる説明員です。この手の業者は、全くサポートなしで「授業は先生任せ」と考えてよいでしょう。

最終更新日:2015/4/1

 
  Copyright(c) 失敗しない家庭教師 Allright Reserved.