サポート体制A

  失敗しない家庭教師
   
 

トップページ

家庭教師選び方

サポート体制@

サポート体制A

料金体系

お問い合わせ

サポート体制A

流れ作業の業者はダメ

社員の担当者が家にやってくる業者でも「流れ作業」の業者はよくありません。このタイプの家庭教師業者は、「説明担当」「教師を探す担当」「面接する担当」「生徒の相談にのる担当」というように細分化されており、責任の所在がはっきりしないばかりではなく、各担当者が「書面上のデータ」のみを見るだけなので、的確なサポートや良い先生探しは期待できないでしょう。家に説明に来た人に、「あなたがずっと担当してくれるのか」という事は必ず確認しましょう。

担当者の経験や情報力

派遣されてくる学生は、「指導」に関してあまり多くの経験をしていない事もありえます。指導方法においても一定の「パターン」という物がありますので、その「パターン」を多く見てきて、かつ、それを教師に伝授してくれる担当者のいる家庭教師会社を選びましょう。

指導レポート

どこの家庭教師センターでも派遣教師にレポートの提出を義務付けています。これを宣伝文句にしているところは沢山ありますが、多くのセンターでレポートが全く活用されてなく、単に提出させているだけという所も少なくありません。
家庭教師から会社への「レポート」の提出頻度が月に一回のところは「ただ教師を紹介するだけの紹介屋さん」なので高いお金をこうした会社に使うのはやめましょう。教師・生徒の情報を把握する為には、出来れば毎回少なくとも2回に1回くらいの報告が欲しいですよね。

模擬試験や受験試験の情報がないとこ

派遣する家庭教師に志望校などの「情報」を提供するのかどうかも重要なチェックポイントです。何事においても「作戦」は重要です。その「作戦」を立てるうえで「情報量」が重要になってきます。的確な情報を派遣教師や生徒側に伝達するシステムのある所を選びましょう。又、塾に行かない場合は、模擬試験を受けさせてくれる業者の方が良いと思います。

普段の学習管理

家庭教師は週にせいぜい数時間しかありません。よって、それ以外の時間が重要になってきます。そこで派遣教師がきちんと管理してくれる所を選びましょう。

Valuable information

 

 
  Copyright(c) 失敗しない家庭教師 Allright Reserved.